INTRODUCTION

 
 
【癒】の勇者としての素質に目覚め、
勇者たちと
世界を救う冒険の旅に出ることになった少年・ケヤル。 しかし戦闘能力のない回復術士には、
勇者たちに
その能力を搾取され虐待を受ける日々が待っていた。 自由と尊厳を奪われ、自我すらも失いかけたケヤルは
ある日、正気を
取り戻し《回復》の真実に辿り着く。 《回復》はただの癒やしではない。
《回復》は世界を、
人を、根源から揺るがす力である、と。 ケヤルは世界そのものを《回復》し、
四年前からすべてを“やり直す”ことを決意する。 そして勇者たちへの報復に胸を躍らせるのだった…。

「さあ、パーティー<復讐>の
はじまりだ─」